朝日新聞

朝日新聞

朝日新聞は斬新な目線および様々な切り口から切り取った企画を数多く連載しており、中でも大きく分けて3つの「環境」、「教育」、「医療・健康」のテーマに力を入れています。また読者の多様な需要にこたえるべく様々な催事も実施しながらメッセージを発信しています。まず「環境」については、21世紀が「環境の世紀」と言われているように人類が地球上で生物として暮らしていくための重要なテーマを広い視野で報道します。「教育」については、受験に始まり生涯教育まで広い範囲の情報を網羅して、信頼性が高く役立つ内容をタイムリーにお伝えします。「医療・健康」については、現代に生ずる様々な医療テーマを読者目線でとらえ、分かりやすくそしていち早くお知らせします。
日々激動していく世の中において、我々の暮らしの明日を読み取るべく朝日新聞はウォッチし続けます。新たな政権が誕生したことで、人々は期待と同時に不安も抱いています。これから私たちの暮らしはどうなっていくのでしょうか。表面に現れる動きはもちろんのこと、その奥にある背景や経緯まで冷静に見ていくことが必要です。そいった深いところまでしっかりと、そして鋭く、課題や問題点を掘り起こして朝日新聞はみなさまにお伝えしていきます。
全国紙で唯一、学割制度も設けている朝日新聞は、今なら6か月以上のご購読でオリジナルカタログギフトをお贈りしています。

FX 口座開設

朝日新聞関連ページ

■3.キーワード
個人事業主の大きなメリットの一つとして、「経費」の計上ができる点があげられます。 確定申告では「控除分の65万円」と、「経費」を売り上げから差し引いた分にしか税金がかかりません。 あらゆる支出をいかに「経費」として認めてもらえるかが、節税の対策の重要なポイントとなります。 個人事業主が支払いの都度、領収証を貰っているのはその為です。 経費として認められるかどうか判断がつかないものもありますが、いず
住宅ローンは経費に入る?自宅兼事務所の個人事業主の場合
日本には小規模な事務所を持つ社長さん、自宅を事務所と兼用して会社経営をしている社長さんが沢山います。 自宅と事務所を兼用して利用している場合、「自宅」と「事務所」の利用スペースを分けることで節税につながる場合があります。 自宅を事務所として使用している個人事業主の場合、住宅ローンの一部を「経費」として計上する事が可能です。 自宅は建てる際には「住宅ローン」を組んでいる訳ですから、その費用を少しで