■3.キーワード

■3.キーワード

個人事業主の大きなメリットの一つとして、「経費」の計上ができる点があげられます。
確定申告では「控除分の65万円」と、「経費」を売り上げから差し引いた分にしか税金がかかりません。
あらゆる支出をいかに「経費」として認めてもらえるかが、節税の対策の重要なポイントとなります。
個人事業主が支払いの都度、領収証を貰っているのはその為です。
経費として認められるかどうか判断がつかないものもありますが、いずれにせよ「領収証」は貰うようにしておきましょう。

 

個人事業主のほとんどは、自宅を仕事場としています。
「生活」と「仕事」で共有しているもの全てを「経費」として計上する事はできませんが「按分」は可能です。
「按分」とは割合を付けて、経費として負担することを指します。

 

一見経費とは関係ないような支出でも、「経費」として計上出来るものは沢山あります。
まず、「書籍」や「新聞」にかかる費用です。
事業を行う上で「資料」は必要となりますので、この費用を「経費」として認められるケースは多いです。
また、事業には「インターネット」や「電話」も必要不可欠となっています。
このような「ロバイダーに支払うインターネットの接続料」「電話の基本料金や通話料」は「通信費」として計上できます。
そして、「家賃の一部」「電気代も一部」も「経費」として計上することができます。

■3.キーワード関連ページ

朝日新聞
カードローン 即日融資人気ランキング最新情報ナビ!
住宅ローンは経費に入る?自宅兼事務所の個人事業主の場合
日本には小規模な事務所を持つ社長さん、自宅を事務所と兼用して会社経営をしている社長さんが沢山います。 自宅と事務所を兼用して利用している場合、「自宅」と「事務所」の利用スペースを分けることで節税につながる場合があります。 自宅を事務所として使用している個人事業主の場合、住宅ローンの一部を「経費」として計上する事が可能です。 自宅は建てる際には「住宅ローン」を組んでいる訳ですから、その費用を少しで